那須に移住した私

那須に移住してほぼ一か月が経ちました。

あんまり急なことで、周りにはあきれられましたが、引っ越し難民になりそうな気配と、那須の芽吹きの時の美しさをやっぱり一年でも多く、体験したかったもので。

早く、更新したかったのですが、ネット環境が整わず、それだけで一か月もかかりましたのよ。

テレビの広告などでは、あんなに華々しいのに、地方に来ると、同じ日本でも、こんなかんじなのねえ、と目が覚めた気分です。

確かに不便です。

徒歩圏内にバスの停留所もありませぬ。

コンビニもありませぬ。

自動販売機もありませぬ。

むろん、スーパーも。

 

でも、美しいです。

風が哭きます。

部屋を出ると那須連山がのぞめます。

お隣が牧場です。

梅と桃と桜とこぶしの花が一度に咲いてます。

たんぽぽとれんぎょうとチューリップと菜の花と雪柳と・・・・・、みんな一度に咲きまする。

 

 

 

 

お隣の「森ノ牧場」のカフェのヨーグルトシェイク、イチゴソースのトッピングが、とても美味しいのです。

それと山羊のプリンス、生まれたての子牛たち、牧場の中を散策するのがとても楽しいです。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    川瀬 (月曜日, 09 4月 2018 11:35)

    まだ寒いでしょうが、これからの季節が楽しみですね。
    久田さんがどのように表現されるのか待ち遠しい感じです。
    どういう生き方をするのか、私自身にとっても参考にさせていただきます。

  • #2

    大島由紀子 (水曜日, 11 4月 2018 12:10)

    久田さんの自由な生き方にあこがれているファンの一人です。那須への移住はまだ助走のように思えます。まだまだこの先きっと何かあるのではと期待?しています 私は72歳、ちょっと先輩ですが久田さんがどこへ着地なさろうとしてるのかとても楽しみですし自分自身のこれからの指針にしたいです。毎週の産経新聞も楽しみにしていますが、blogのほうももうちょっと頻度を多くよろしくお願いします。これからの那須のすばらしさをどうぞ満喫なさってください。

  • #3

    久田恵 (金曜日, 13 4月 2018 10:46)

    川瀬様
    大島様

    コメント、嬉しいです。
    私の生き方は、ま、気持ちのままにという感じで・・・。
    でも、暮らしの場を変えると、視点も変化、確実に地方の視点になるんだなあ、と思いました。
    ここでは、不便を楽しんで、と言われます。
    もう、みんないやがおうもなく自立自助で、ぐんぐん元気になるみたいです。不便って、頭も体も使うんですう。
    私はわずか1か月でスリムになり、顔色がよくなりました、です。


  • #4

    石田幸子 (金曜日, 13 4月 2018 21:16)

    覚えていますか? 京都へ来て40年以上が経ってしまいました お恵ちゃんの活躍はblogを通して拝見しています 那須へ引っ越したということですね 私も昔京都の北部で百姓を3年半ばかりやりました 昔の友に会いたくなったのは・・・70歳という年頃になったからかしら?

  • #5

    久だ恵 (日曜日, 15 4月 2018 08:40)

    覚えてます。
    20代の頃、私の家にいたよねえ。あの石田さんだよねえ。
    その後のことを知らないけれど、お互い生き延びてますねえ。
    メールにもう、びっくりでした。

  • #6

    石田幸子 (火曜日, 17 4月 2018 12:44)

    そうそう・・・あの石田です あの当時はいつもお恵ちゃんの家にいたような気がします 何を話してたのか~何って覚えていないんだよね^^;覚えているのはいつもお酒を飲んでいたような気がします あの当時の→Yさん tyちゃん&hさんに会いたい~~わ まぁ~生きていたら会えるような気がしてます