初小説を書きました

主婦悦子さんの予想外な日々

    ■ 著者名: 久田恵                                 


 税込価格:1,620 円(本体 1,500 円)

本の内容:
 
月刊『パンプキン』連載時から共感の声が続々!
待望の単行本化!

 

就職しない息子、シングルマザーとして生きようとする娘、
定年後の夫婦関係、母親の老いらくの恋ーー。
悦子は次々と起こる想定外の出来事に、
自身の描いていた人生と現実のギャップに頭を抱えるーー。

 

                   ご購入はこちらから


 

   という小説なのです。私は、ノンフィクションの作家ですが、2年前に、潮出版の編集者が見えて、現代家族の取材ルポを連載しませんか? と言われましたの。でも、それはちょっと…、と思いました。いろいろと取材をしたり、友人、知人の話やら、電話を掛けて相談事をされたりして、いろいろ話を聞きはしますが、このテーマでルポを書くのは、できません。小説ならね、書くのは楽しいかもしれない、けど、と言ったら、では小説をと言われて、書き始めたら、これが楽しくて、のめり込んでしまい2年も連載を続けてしまいましたの。

 

主人公の悦子さん、困った人を書きたくて書いたのに、書いているうちにどんどん好きになって来て、彼女のおろかさとか葛藤が、自分のように思えてきました。読んでいただけたらうれしいです。