公演ではなく、講演もしています

●12月5日は、埼玉県の三郷市のNPO游の依頼で、講演に出掛けました。

テーマは、な、なんと、「一人で楽しく生きる!」でした。

同世代が、たくさん、聞きに来てくださいました。男性も。タイトルが良かったよ~と言われました。

 

●12月の9日は、飛行機に乗って、北九州へ。

こちらのテーマは、変わる家族と福祉の現場、ということで、主に、高齢者の人権問題について話しましたの。

ともあれ、「歳を重ねるごとに、強くなって、一人でも生き生きと、自立して生き抜きましょうねえ」という、なんか、アジ演説みたいな公演になってしまいました。そう、つい力が入りました。

 

カフカの「変身」の人形劇の演出で、映像をプロジェクターを使って、白い舞台に映し出すというようなことをしました。それで、パワポを随分と使ったので、練習になり、すっかり自信が付き、映像を使ってみました。

話の内容のタイトルとか、流れとかが分かりやすく、さらに取材で撮った写真などもあれこれ映し出したりしました。

 

話がついあちこちしちゃう私には、この方法は、とてもよかったです。

ちゃんと、順番に話ができますので。

 

これからは、講演はすべてパワポを使ってでやることにしました。

パワポの資料を作るのは、なかなか楽しいものです。