というほどのものではありませんが・・・・とりあえず、エイジズムに抗して、自由に!
というほどのものではありませんが・・・・とりあえず、エイジズムに抗して、自由に!

●「団塊世代」である私は、70年代にウーマンリブの洗礼を受けました。

 

●30代になった時、マンリブという運動に遭遇しました。

  

ウーマンリブ(女性解放)があって、マンリブ(男性解放)があるのなら、これからの私は、シルバーリブ(老人解放)ね、と。

 

●というのも、女の自立を目指した私は40代、50代は、両親の介護と子育てと仕事に翻弄され、気が付いたら、二十年にわたる介護の日々でした。この長い介護体験の中で「老いていくこととは、どういうことか」を考え続けました。

 

●思春期、青年期、中年期、老年期、人生の変わり目には、アイデンティティ・クライシスが起こると言われますが、この人生最後のクライシスを乗り越えて、新しい自分を発見し、解放された老人とは、いったいどんなわたしになること? を模索してみたいと思います。ぜひ、ご一緒に!

 

          というわけで、ここに「シルバーリブ宣言」なるものを試みてみました!

          世間のエイジズム(年齢差別)に抗し、自由に!

 

 

◎◎◎  久田恵が取材で出会った素敵なシルバーたち、どんどん増えていきまする。

エイティーズ&ナインティーズの日々、素敵な彼らの生き方を追いかけています。